花のお江戸へ

財務省②年賀状

 

昭和8年から12年頃まで、大蔵省( 現 財務省 ) 建設にあたり、

椚石を使用することが決まり、

「福島県」 「茨城県」 「群馬県(室田)」 より、石工達が集まり、

青木石材店の丁場より石を切り出し、荒取をした石を、

磐戸村( 現 南牧村磐戸 ) に工場を造り、ガンクソーで石を加工、

下仁田駅から貨車で東京へ ・ ・ ・ 。

当時 三代目が 日本の国が豊かに栄えるように豊栄石と名付けました。

写真やオヤジ( 四代目  秀夫 ) からの話で知ってはいましたが、

この目で見たく、先日 財務省 ( 前 大蔵省 )へ行き、確認して来ました。

財務省①

 まるで、品のある女性を思わせる椚石に、惚れ直しました。

財務省③年賀状

 

西洋建築を採り入れた 正面玄関アーチ 及び 一階部分

椚石になっております。

財務省④

三代目及び、かつての石工職人たちの偉業に感謝致します。

自分は不器用な男ですが、先祖の供養と ・ ・ ・

       伝える指名感じております。         

                                                                 by  五代目石工

カテゴリー: 未分類 パーマリンク