上州椚石切り唄

この唄は昭和8年~12年頃まで、

出稼ぎに来ていた石工達が歌っていた話にヒントを得

磐戸在住の水沢孝峰師が作詞され

渡邊孝山師が採石場の仕事唄として曲調を整え

昭和58年春、発掘民謡

上州椚石切り唄 として発表したものです。

DSC00100(1)

一、 おらがお山で切り出す石は

     花の都で基礎となるよ。

二、 椚お山でハッパが響きゃ

      一丈五尺の竿石出るよ。

三、 おらがお山の石工の顔は

       恵比寿大黒福の神よ。 

                                                                                                         

この碑は 「苦脱ぎ」 街道入口

南牧村活性化センターの庭にあります。

上州椚石切り唄 発祥の地に ” おいでなんし ”

カテゴリー: 未分類 パーマリンク