青木石材店

群馬県 南牧村|椚石、石材について

青木石材店について

ABOUT

創業江戸末期(文久元年)。

群馬県南牧村(なんもくむら)で石材店を営んでいます。椚石の原産地、有難いことに先祖から受け継がれ、160年営業させて頂いております。

現在、日本で唯一、椚石採掘元5代目として伝統を継承しつつ日々精進させていただいたおります。

仕事の流れ

発破(作業内容については、過去のブログをごらんください。)

青木石材店の歩み

石工職人たち

石工職人たち

青木石材店採掘場で働く三代目庄市郎・四代目秀夫と石工職人たちの様子

明治初期

富岡製糸場へ基礎石624才納品
当時のお金で 1才 42銭

基礎地下部分に椚石を使用

昭和6年

椚橋アーチ式石橋完成

椚石1号橋

詳細ブログはこちらから

昭和8年〜12年

大蔵省建設にむけて椚石を切り出す

財務省(旧大蔵省)外壁1階部分に椚石を使用

詳細ブログはこちらから

昭和20年 大東亜戦争により三代目庄市郎の長男 石工正夫、次男 重夫がフィリピンにて戦死。

昭和22年 カスリーン台風により甚大な被害を受け、富岡税務署に休業届を提出。

昭和30年頃下仁田駅より東京へ出荷

椚石加工済み荷下ろしの様子

平成7年〜

群馬県太田金山城復元工事

修復工事部分に椚石を使用

平成20年 甘楽町楽山園へ御殿の平面表示整備工場の縁石・敷石に椚石を使用。